韓国語 池袋

日本語の起源を考えることが時としてあります。
普段何気なく使っている言語なだけにそのルーツなどが気になる事がございます。

私達の母国語である日本語は色々な説があるのですが、
それはどんな系統で現代国語になったのか明らかではないそうです。
その中にも韓国語の系統説があるようです。

日本語と韓国語の「文法の構造」において比較してみると韓国語はよく似ているようですが、
子どもでも知っているような言葉(時代によって変化しにくいもの)そのものを考えると
違っているものが多い。

ゆえに特定できないということですし、他にも「アイヌ説」「琉球説」などがあるそうです。
ただし、文化の伝来は朝鮮半島から渡ってきたという説は否定できないものがございます。

それには4世紀から7世紀くらいにかけて大陸からの渡来人に関係します。
中国は日本の縄文時代が終わる頃には「春秋時代」その後は「戦国時代」と呼ばれる時期で、
戦災を避けて日本に渡って来た方が多かったようです。

その隣の国の朝鮮半島の方々もその混乱は避けられないでしょう。
百済が滅亡した際も日本への亡命が多かったとか。
そういう方々が日本へ知識や技術を広めていったと考えられています。

私どもの教室がある上野や池袋はその頃どんな場所だったのでしょうね。

豊島区に「池袋東貝塚」という遺跡がありまして、発見されたのは明治時代後半です。
縄文式土器や、弥生時代の竪穴住居あとが発見されたことから、
この時代には縄文人や弥生人の集落があったことが推定されます。

今は都市化が進み、パッと見ただけでは分かりにくいらしいのですが、
江戸時代の地図を見るとその頃の池袋一帯は畑でした。

集落があった頃の名残なのでしょうか。
どうやら古代より祖先が脈々と土地や慣習、文化を受け継ぎ住み続けていた場所のようだと思われます。

もっとたどってみたら日本国内そんな場所は多いのかもしれませんね。

韓国語 池袋

 

韓国語を勉強するなら楽しく気軽に!池袋駅・上野駅・渋谷駅・銀座駅から近い教室で便利。

当教室は完全予約制となっておりますので、ご来校いただく前に必ずご連絡ください。
お電話はレッスン中などお取りできない場合がございます。
お手数をおかけして申し訳ございませんが、その際はメールでご連絡いただければ確実です。

教室長のごあいさつ

お申し込みまでの流れ

ハングルコのMethod

生徒さんインタビュー

お客様の感想

ネイティブ先生について

ハングルコの3つのMethod

よくあるご質問

お客さまの声

教室へのアクセス

資料請求はこちら

体験レッスンの予約

ハングルコの先生

キム ナン先生

リューヒョンジョン先生

チェ ジョンミン先生

ソ ウンジュ先生

キム ギジン先生

シン シラ先生

お問い合わせ

・電話 : 03-3406-8799
・電話受付 : 午前9時~午後7時
・授業時間 : 午前10時~午後10時