実用韓国語講座

それぞれの言語共通の一番実用的な言葉とは何でしょうか?
様々なご意見があるかと思いますが個人的には最も実用的なのは挨拶なのではないかと思っています。
大体の言語の勉強の際にも突然近所のおいしいお店の場所の聞き方から始まるのではなく大抵の場合がまず挨拶から始まります。

 

韓国語でもやはりこれと同じ事が言えるのではないでしょうか?
ここでは実用韓国語講座としまして韓国語の一般的な挨拶についてお話していきたいと思います。

 

まず挨拶の方法について、韓国語での挨拶も日本語の挨拶と同様で丁寧さ具合で何種類かに挨拶の仕方が異なります。
異なると言っても日本語で「おはようございます」と「おはよう」位の違いになりますのでそこまで大変ではありませんのでご安心下さい。

 

まずは最も丁寧な言葉遣いでの挨拶「アンニョンハシムニカ」です。
直訳では「平和に暮らしていますか」といったあたりの意味となります。
直訳でも感じ取れる丁寧さですね、仕事などで挨拶をする際などにも対応ができる挨拶となります。

 

日本語の場合では夜におはようございますというと違和感がありますが、この挨拶であれば融通がききますのでそういった意味で考えると日本語より導入しやすい言語と言えるでしょう。

 

続きましてそこから一段階くだけた挨拶「アンニョンハセヨ」です。これは韓国語で最もポピュラーな挨拶なので韓国語をまだ勉強した事がない人でもテレビ番組などで聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?感覚的にはおはようございます位の挨拶だと考えております。

 

丁寧すぎず、くだけすぎずな挨拶なので明らかな目上の人だとわかる人以外であればアンニョンハセヨの挨拶で基本的には通用すると思います。
韓国語の挨拶ではまず一番最初にこの挨拶を覚えるようにすると良いでしょう。

 

最後はそこから更にくだけた挨拶となります「アンニョン」です。
かなりくだけた感じが字数でも感じ取れると思いますが、本当にくだけた挨拶です。

 

基本的に親しい人同士で使われる挨拶となりますので感覚としては友達に向かって
「おは~♪」と…これは本当に最近の若者同士の挨拶になりますので完璧にこうだという事ではないのですが、そのくらいくだけた挨拶だという事をご理解いただければと思います。

 

日本語で考えると順に「ご機嫌麗しゅう」、「どうもこんにちは」、「やあ元気」といった所でしょうか?
アンニョンハセヨを中心に覚えればそこからくだけて言葉を削ってアンニョンに、そこから丁寧にする為に言葉を追加してアンニョンハシムニカ。

 

そう考えると難なく韓国語挨拶3段活用を完璧にできるのではないでしょうか?

 

実用韓国語講座

韓国語を勉強するなら楽しく気軽に!池袋駅・上野駅・渋谷駅・銀座駅から近い教室で便利。

当教室は完全予約制となっておりますので、ご来校いただく前に必ずご連絡ください。
お電話はレッスン中などお取りできない場合がございます。
お手数をおかけして申し訳ございませんが、その際はメールでご連絡いただければ確実です。

教室長のごあいさつ

お申し込みまでの流れ

ハングルコちゃんのMethod

生徒さんインタビュー

お客様の感想

ネイティブ先生について

ハングルコちゃんの3つのMethod

よくあるご質問

お客さまの声

教室へのアクセス

資料請求はこちら

体験レッスンの予約

ハングルコちゃんの先生

キム ナン先生

リューヒョンジョン先生

チェ ジョンミン先生

ソ ウンジュ先生

キム ギジン先生

シン シラ先生

お問い合わせ

・電話 : 03-3406-8799
・電話受付 : 午前9時~午後7時
・授業時間 : 午前10時~午後10時