韓国語能力試験対策

これから韓国語能力試験対策をここでは話して行きたいと思います。
基本的には初級であれば韓国語能力試験に限らず基礎となる勉強をしっかりしていれば
問題なく合格できる場合が多いのですが、やはりそれでも念には念を入れて対策を施しておいた方がより合格を確実なものになりますので、勉強と対策は同時進行で行っていくようにしましょう。

 

まず対策というよりは勉強の方になるのですが、基本的な韓国語の単語はきちんと覚えておくようにしましょう。

 

1000単語以上はある基本的な韓国語の単語を無理なく覚えるには 文章を作って覚えるという事が一番楽かと思います。

 

ただ単にスイカという単語の韓国語を覚える為にひたすらその単語だけを書き続けるよりはスイカに関連した話を短文で構成してその短文を書き続けたほうが他の単語と共に覚える事になりますし韓国語での文章の構成の仕方も理解できると思います。

 

また最近よくあるネイティブ発音の流暢な韓国語を聞きながら韓国語を覚えるという方法は確かに発音に関して不自然なくネイティブに近い話し方ができるかもしれませんが、

 

実際に韓国語能力試験に合格する為にはそれだけではなくキチンと日本人向けに構成された韓国語教室で発音も勉強しておいた方がより確実となります。

 

実際の韓国語能力試験でのリスニングテストの場合初級等であれば特にですが、韓国語の単語単語が確実に聞こえるように話し方がゆっくりになっているという場合がほとんどです。

 

その為ネイティブ発音ではあまり聞こえなかった部分も明確に聞こえる事になりますので
あまり韓国語韓国語した発音で覚えていると逆に聞き取れない場合や聞き取れていても理解できなかったりするという可能性もあります。

 

せっかく比較的流暢に会話ができるのに実際の能力試験で良い成績が出せないというのは自分自身でも残念に思う事でしょうし、そういった事態を避けるためにもあえてネイティブ発音の流暢ではない。勉強のための韓国語会話も勉強するようにしておきましょう。

 

何となくネイティブっぽい発音なのに話の内容自体はなんだかどこかかみ合わないという事態を防ぐ意味でもまずは単語や文法を深く理解する。
韓国語初級の場合は流暢な発音よりも韓国語を理解するという事を重要視して勉強をするようにして、それ以降で流暢な発音になるようにフォロー的な感覚で勉強をするという流れにした方が後々高レベルな韓国語能力試験に挑む際にもきいてくる事でしょう。
流暢な発音よりも深い理解が大切なのです。

 

韓国語能力試験対策

韓国語を勉強するなら楽しく気軽に!池袋駅・上野駅・渋谷駅・銀座駅から近い教室で便利。

当教室は完全予約制となっておりますので、ご来校いただく前に必ずご連絡ください。
お電話はレッスン中などお取りできない場合がございます。
お手数をおかけして申し訳ございませんが、その際はメールでご連絡いただければ確実です。

教室長のごあいさつ

お申し込みまでの流れ

ハングルコちゃんのMethod

生徒さんインタビュー

お客様の感想

ネイティブ先生について

ハングルコちゃんの3つのMethod

よくあるご質問

お客さまの声

教室へのアクセス

資料請求はこちら

体験レッスンの予約

ハングルコちゃんの先生

キム ナン先生

リューヒョンジョン先生

チェ ジョンミン先生

ソ ウンジュ先生

キム ギジン先生

シン シラ先生

お問い合わせ

・電話 : 03-3406-8799
・電話受付 : 午前9時~午後7時
・授業時間 : 午前10時~午後10時